最近のトラックバック

乱読のススメ

  • 二木 立: 地域包括ケアと地域医療連携

    二木 立: 地域包括ケアと地域医療連携

  • 森田 洋之: 破綻からの奇蹟: 〜いま夕張市民から学ぶこと〜 これからの医療・介護の話をしようシリーズ

    森田 洋之: 破綻からの奇蹟: 〜いま夕張市民から学ぶこと〜 これからの医療・介護の話をしようシリーズ

  • 小松秀樹: 地域包括ケアの課題と未来 ~ 看取り方と看取られ方 (亀田総合病院地域医療学講座)

    小松秀樹: 地域包括ケアの課題と未来 ~ 看取り方と看取られ方 (亀田総合病院地域医療学講座)
    国の方針による地域包括ケアではなく、現場から、地域から、どう構築していくかを問う本です。基本的な医療政策、実態の推移(1950年代は、在宅死が82.5%)も紹介され、短い文章の集合体で、読みやすい本です。 (★★★★★)

  • 東京大学公共政策大学院 医療政策教育・研究ユニット: 医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践

    東京大学公共政策大学院 医療政策教育・研究ユニット: 医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践
    市民参加での医療政策作りが、1つの柱として据えられています。さまざまな立場(正確には、4つのステークホルダーの協働)での実践等が書かれ、読むべき本の1つです。 (★★★★★)

  • 30年後の医療の姿を考える会: メディカルタウンの青写真を語る

    30年後の医療の姿を考える会: メディカルタウンの青写真を語る
    すばらしい人の繋がりを感じます。これを地方でできるだろうか、30年後は地方で開催を、ではちょっと夢が小さいですね。新渡戸稲造も紹介されています。 (★★★★★)

  • : 病院 2015年 9月号 特集 自治体病院改革は成功するのか

    病院 2015年 9月号 特集 自治体病院改革は成功するのか
    ちょっと、突っ込みが足りない感じ。邉見さんの、新ガイドラインの受け止めの積極性が意外な感じもします。定価2,900円プラス消費税。図書館にあれば、読んでおいてもいいかもしれません。 (★★★)

  • 里見 清一: 医師の一分(新潮新書)

    里見 清一: 医師の一分(新潮新書)
    どこで死ぬのか、どう死ぬのか、救急医療のあり方など、率直に語りかけてくる本です。 (★★★★)

  • 岡崎 祐司: 安倍医療改革と皆保険体制の解体: 成長戦略が医療保障を掘り崩す

    岡崎 祐司: 安倍医療改革と皆保険体制の解体: 成長戦略が医療保障を掘り崩す
    そうか、皆保険制度の否定が根底にあったのかと築かせてくれる本です。緊急に出版され、内容が重複する部分もありますが、最初に岡﨑氏の第2章を読むべきでしょう。ちなみに、ガイドライン作成の議事録は、ざっと通読させていただいてます。 (★★★★★)

  • 堤 未果: 沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)

    堤 未果: 沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
    TPPでの医療保険制度が「攻撃」対象、儲けの対象にされていること、その先進地アメリカの実態を紹介し、日本の対応に警鐘を鳴らす良書です。 (★★★★★)

  • 神田 敏史: 市町村から国保は消えない─都道府県単位化とは何か

    神田 敏史: 市町村から国保は消えない─都道府県単位化とは何か
    読みました。

  • 上 昌広: 日本の医療格差は9倍~医師不足の真実~ (光文社新書)

    上 昌広: 日本の医療格差は9倍~医師不足の真実~ (光文社新書)
    医療に関する本と思いきや、大学教育について熱い思いを執筆されています。岩手医専はでてきませんが、全国の医学部等の歴史を知ることができます。 (★★★)

  • : 地域医療を支える自治体病院―医療・介護一体改革の中でー

    地域医療を支える自治体病院―医療・介護一体改革の中でー
    地域医療を考える入門書です。もう少し、市民の視線が入ればとは思いますが、労働組合がこういうかつ土ぷをするのか、という驚きの声も聞こえそうです。 それにしても、全自病協の邊見会長まで登場とは、さすが自治労連です。 (★★★★★)

  • 堤 未果: (株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

    堤 未果: (株)貧困大国アメリカ (岩波新書)
    夢を実現する国アメリカ、とも言われていますが、そのアメリカで生まれ育った巨大企業が、奴隷農場を作り、発展途上国までをも「種」ビジネスで支配してる様子が、よく分かります。医療の問題は、この後のシリーズで。 (★★★★)

  • 本田 宏: 本当の医療崩壊はこれからやってくる!

    本田 宏: 本当の医療崩壊はこれからやってくる!
    なんと、この3月末(2015年3月)で、本田さんは退職されるようで、この本を医療界への「遺言」、そしてこれからの事務からの活動への「所信表明」だとしています。激励の一読を薦めます。 (★★★★★)

  • 伊関 友伸: 自治体病院の歴史 住民医療の歩みとこれから

    伊関 友伸: 自治体病院の歴史 住民医療の歩みとこれから
    ちょっとまんべんなく書きすぎのきらいがあります。せっかくの大著ですが、売れ行きが芳しくないとか。岩手出身の新渡戸稲造の評価が今ひとつしっくり来ません。彼が東京で実施した購買生協による病院建設(現在の東京医療生活協同組合中野総合病院)があってこそ、地方での燎原の火のような産業組合による医療施設開設に繋がったのではないだろうか。 (★★★★)

  • 野村 拓: 新・国保読本 たたかいへの助走路を歴史に学ぶ

    野村 拓: 新・国保読本 たたかいへの助走路を歴史に学ぶ
    なんと本の表紙に「岩手の保健」が6冊も使用され、本文でも「特論」として紹介されています。岩手で医療や医療運動、労働組合の役員は、必読の1冊です。特に、今、国保の都道府県化が閣議決定され、国会での議論が始まる中で、地域の国保の役割を再確認する必要があります。 (★★★★★)

  • 城塚 健之: これでいいのか自治体アウトソーシング

    城塚 健之: これでいいのか自治体アウトソーシング
    それにしても、改めて自治体のサービスの広さを感じました。そして、医療の市場化、公立病院の現状にも触れられています。ここは10ページ程度なので、医療の問題を、全体との関連でさらっと確認できます。 (★★★★)

  • 仲野 徹: エピジェネティクス――新しい生命像をえがく (岩波新書)

    仲野 徹: エピジェネティクス――新しい生命像をえがく (岩波新書)
    私には少し難解な本でした。遺伝子情報だけが、人間を決定するのではなく、エピジェネティクスという新しい考えが提示され、広がっているようです。東北メディカルメガバンク構想を考えるヒントになる一冊です。 (★★★)

  • 五十嵐享平: 人体特許: 狙われる遺伝子情報 (PHPサイエンス・ワールド新書 75)

    五十嵐享平: 人体特許: 狙われる遺伝子情報 (PHPサイエンス・ワールド新書 75)
    遺伝子の配列の解読が特許になりうるか。解読競争の裏に、そういう特許争いや、民間研究機関の離合集散も。遺伝子をめぐる最新情報を知ることができます。 (★★★★)

  • 堤 未果: 沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)

    堤 未果: 沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)
    アメリカ医療の、特にオバマケアがどうなっているのかを知ることのできる本です。それにしても、恐るべきは、医療を儲けにする企業の戦略です。 (★★★★★)

  • 宇沢 弘文: 経済と人間の旅

    宇沢 弘文: 経済と人間の旅
    もう少し早く知っていたら、という思いが募ります。自然、医療などを社会的共通資本だ、ということを広めて行ければと思います。 (★★★★★)

  • 伯野 卓彦: 自治体クライシス 赤字第三セクターとの闘い (講談社BIZ)

    伯野 卓彦: 自治体クライシス 赤字第三セクターとの闘い (講談社BIZ)
    夕張の財政破綻のきっかけにもなった第三セクター問題。それは全国各地にあり、その問題を取材等でなまなましく捉えています。その夕張では、第三セクターの赤字だけでなく、「病院に蝕ばまれた」と表現された実態に驚かされます。 (★★★★★)

  • 尾林 芳匡: 自治体民営化と公共サービスの質

    尾林 芳匡: 自治体民営化と公共サービスの質
    読みました。

  • 池永 満: 新 患者の権利―医療に心と人権を

    池永 満: 新 患者の権利―医療に心と人権を
    買いました。

  • 齋藤 貴生: 自治体病院の経営改革―原則と実践

    齋藤 貴生: 自治体病院の経営改革―原則と実践
    行政の側、経営する側からの手引き書です。書いているのは、医師でもあり、大分県立病院事業管理者などを歴任した方です。ガバナンス強化、改革のためには、全摘か独法を進めています。 (★★★★)

  • 京都府保険医協会: 開業医が展望する地域ケア

    京都府保険医協会: 開業医が展望する地域ケア
    地域包括ケアを頭から否定する論調もあるなか、地域での医療を守ってきた開業医の立場からの提言です。人権としての医療確立、「居住保障」からの地域ケア、など傾聴すべき開業医の姿がそこにあります。これを全国のシステムにしていく努力が求められている気がします。 (★★★★★)

  • 武藤 正樹: 2025年へのロードマップ

    武藤 正樹: 2025年へのロードマップ
    社会保障と税の一体改革関連法の成立を受けて、いよいよ、医療制度、システムの大改革だ、として、その方向性を提言しています。目玉は、やはり医療圏見直しでしょう。行政の方が参考にすべき本かと思われます。 (★★★)

  • 森 臨太郎: 持続可能な医療を創る――グローバルな視点からの提言

    森 臨太郎: 持続可能な医療を創る――グローバルな視点からの提言
    医療のグローバル化の中で、今、何をなすべきか。8つの提言にまとめています。社会保障政策の転換、診療報酬制度改革、シンクタンクの設立などうなずくものの一方、雇用の柔軟化は、どうなんでしょうか。 (★★★★)

  • 病院再生研究会: 続・病院再生への挑戦

    病院再生研究会: 続・病院再生への挑戦
    うわー、失敗です。定価2,800円。全体に、資料が主で、説明が短すぎ。本田さんも書いていますが、他の本の抄録程度。どこの広告、書評、本を見て買ったんだったか。 (★)

  • 長 隆: 病院経営改革へ―なぜ、わたしは戦い続けるのか

    長 隆: 病院経営改革へ―なぜ、わたしは戦い続けるのか
    最近、目立った活躍を聞かなくなった長さんの本です。すでに公開されている議事録が長すぎるのと、労働組合への、ちょっと適切でない(と思われる)批判がありますが、彼が何をしようとしているのかを知ることができる本です。批判する前に、読みましょう。 (★★★★)

  • 中村伸一: 寄りそ医 支えあう住民と医師の物語

    中村伸一: 寄りそ医 支えあう住民と医師の物語
    学会の発表に感銘して購入。地域での医療の在り方、医師の関わり方を考える良書です。過疎地域で、どういう医療を求めるのか、住民の医療、医師との関わり方など、示唆に富んだ内容です。 (★★★★★)

  • 中村仁一: 朗らかに! 今すぐ始める サヨナラの準備

    中村仁一: 朗らかに! 今すぐ始める サヨナラの準備
    対談形式で、解りやすい、在宅での死を含めて、サヨナラの在り方を考えさせられる本です。2人とも、地域でさまざま、住民の方々と交流し、その中で生まれた本とも言えるでしょう。 (★★★★★)

  • 井上英夫先生退職祈念論文集: 人権としての社会保障: 人間の尊厳と住み続ける権利

    井上英夫先生退職祈念論文集: 人権としての社会保障: 人間の尊厳と住み続ける権利
    声をかけていただき、購入しました。修論でお世話になった国京さんなど、幅広い視点を、もちろん、井上さんのかかわってきたバックボーンを知ることとしても、大切な本です。 (★★★★★)

  • 佐々木 司: ルールがわかれば変わる 看護師の交代勤務

    佐々木 司: ルールがわかれば変わる 看護師の交代勤務
    準夜勤務と深夜勤務を連続する2交代勤務が広がっています。その「圧縮労働」の問題を科学的に解明しています。2交代を選択する前に、読むべき1冊です。そして、看護労働のマネジメントとし、選択すべきでないことの確認が必要はないでしょうか。 (★★★★★)

  • 公益社団法人 日本看護協会: 看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン 資料付き

    公益社団法人 日本看護協会: 看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン 資料付き
    一番の印象は、労働組合への暖かい視線にあふれていること。月8日夜勤の歴史は、月平均の働く日数の3分の1が、夜勤の上限ということ。週休2日の現在では月6,7日となります。労働基準法等の最低限のルールではなく、新しい交代制のルール、ガイドラインが求められています。 (★★★★★)

  • 角瀬保雄監修: 医療と地域社会のゆくえ―震災後の国で

    角瀬保雄監修: 医療と地域社会のゆくえ―震災後の国で
    宮城、福島県を中心にした被災地の報告です。医療生協の組織形態から、社会医療法人への移行も一部で進んでいるようですが、そこへの切り込みがないのが、残念。 (★★★★)

  • 日野秀逸監修、労働運動総合研究所編: 社会保障再生への改革提言―すべての人の生きる権利を守りぬく

    日野秀逸監修、労働運動総合研究所編: 社会保障再生への改革提言―すべての人の生きる権利を守りぬく
    ちょっと難しい感じです。思わず、読み終わるまで時間を要してしまいました。社会保障という言葉でカバーする領域の広さを、財源問題、ワーキングプア、年金などを含めて書かれています。 (★★★★)

  • 村上 智彦: 医療にたかるな (新潮新書)

    村上 智彦: 医療にたかるな (新潮新書)
    新しい内容、主張ではなく、これまでの取り組み等を文庫でまとめた感じです。読みやすいので、一読を。特に、自ら学び変えていく主体になること、大事です。 (★★★★★)

  • 酒巻 哲夫: 患者の声を聞く みんなで紡ぐ医療の絆

    酒巻 哲夫: 患者の声を聞く みんなで紡ぐ医療の絆
    患者の声が、なぜ医師に(この本では医学生に)必要なのかがよく分かります。そして、患者と医療をつなぐコーディネーターの必要性も感じました。医学部を、医学生を対象にしていますが、全ての医療スタッフに必要な授業だと思います。 (★★★★★)

  • 京都府保険医協会編集: TPPは国民医療を破壊する―韓米FTAに学んだ医療者からの訴え

    京都府保険医協会編集: TPPは国民医療を破壊する―韓米FTAに学んだ医療者からの訴え
    入門用というブックレットを超えて、非常に内容が濃い本でした。TPPの諸問題が議論されていますが、医療に限定し、しかも先行した韓国に学んだ良書です。 (★★★★★)

  • 上 昌広: 日本の医療 崩壊を招いた構造と再生への提言

    上 昌広: 日本の医療 崩壊を招いた構造と再生への提言
    宮城県での医学部新設の裏側や、医師養成の西高東低の、明治維新まで遡った分析など、へーと感じるところがありました。 (★★★★★)

  • Ruth Chambers: クリニカルガバナンス―病医院経営 医療の質を高める「14の視点」

    Ruth Chambers: クリニカルガバナンス―病医院経営 医療の質を高める「14の視点」
    イギリス・ブレア政権でのNHS改革の中心にあった1つは、この「クリニカルガバナンス」です。このガバナンス、狭義にはステークホルダーの参加ですが、広義には、この本で紹介されるように、学習する文化の確立から説明責任まで、自立的に管理するということになります。 (★★★★★)

  • J.A.ミュア・グレイ: 患者は何でも知っている―EBM時代の医師と患者 (EBMライブラリー)

    J.A.ミュア・グレイ: 患者は何でも知っている―EBM時代の医師と患者 (EBMライブラリー)
    イギリスで書かれた本の翻訳です。元々が医師向けに書かれた本で、内容が難し面がありますが、大事なことは、患者の視点に立つこと。 (★★★★)

  • 二木 立: TPPと医療の産業化

    二木 立: TPPと医療の産業化
    「いつでも、どこでも、だれでも」という標語は、誰が使いはじめたのか。やはり革新自治体の高揚した時期と重なるようです。ここは、興味を持って読めました。他の論文は、やや難解。じっくり、時間をかけて読む本です。 (★★★★)

  • 河野 圭子: 病院の内側から見たアメリカの医療システム

    河野 圭子: 病院の内側から見たアメリカの医療システム
    アメリカの病院というと、儲け本意の資本主義の権化というイメージがありませんか。なんと、企業価値を高めるために、ステークホルダー、患者、市民参加が目指されていました。日本人女性の活躍も注目。 (★★★★★)

  • 日隅一雄: 国民が本当の主権者になるための5つの方法

    日隅一雄: 国民が本当の主権者になるための5つの方法
    市民参加は憲法がめざす主権者のあり方かもしれません。日隅氏は、弁護士として活動しつつ、みずからも市民として、さまざまな市民参加をしてきました。5つの方法の最初は情報公開です。そしてメディアにも監視役としての期待を寄せています。国民の代表としての国会議員、選挙も大事な点として強調しています。 (★★★★★)

  • 小松 秀樹: 医療の限界 (新潮新書)

    小松 秀樹: 医療の限界 (新潮新書)
    小松さんといえば、「立ち去り型サボタージュ」という言葉で医療崩壊の実態を書かれたことが知られています。その続編といえる本です。「あとがき」では、厚生労働省に望むことをまとめ、これは「私自身の心構え」であり「全ての国民に望むこと」でもあるとしています。 (★★★★★)

  • 篠原 一: 市民参加 (1977年) (現代都市政策叢書)
    古本で買ったら、本棚に同じ1冊がありました。1978年さわや書店で購入とメモ。市民参加の原点を知ることのできる。市民参加と市民的自覚の高揚について、ルソーをして政治への参加は、「自由にめざめると同時に」「公的な市民となる」と紹介している。なるほど、参加の二面性は深いようです。 (★★★★★)
  • 日隅 一雄: 「主権者」は誰か――原発事故から考える (岩波ブックレット)

    日隅 一雄: 「主権者」は誰か――原発事故から考える (岩波ブックレット)
    主権は国民にある、憲法に規定されています。主権者たる市民として、原発時を受けて、何ができるか、何をすべきか。ブックレットの中に、日隅さんの重いが詰まっています。遺志を継ぐのも市民の役割でしょう。 (★★★★★)

  • 日隅一雄訳: 審議会革命―英国の公職任命コミッショナー制度に学ぶ

    日隅一雄訳: 審議会革命―英国の公職任命コミッショナー制度に学ぶ
    ちょっと専門的過ぎる感じもしますが、イギリスの審議会等への市民参加の仕組みを紹介した冊子です。行政を市民の手に取り戻したいという日隅さんの思いが、この冊子になりました。 (★★★★)

  • 細田 満和子: パブリックヘルス 市民が変える医療社会―アメリカ医療改革の現場から―

    細田 満和子: パブリックヘルス 市民が変える医療社会―アメリカ医療改革の現場から―
    アメリカの医療から何を学ぶのか。それは、市民が声を上げ、保健医療の制度や政策を変える、あるいは新たに作るために、政治や政策決定に関わったいることであり、それを紹介しているのがこの本です。 (★★★★★)

  • 薗部 容子: まず、ママが幸せに―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス

    薗部 容子: まず、ママが幸せに―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
    妊娠、出産、子育てを通じて、日本の「おかしさ」を知ることができます。イギリス、フランスと何が違うか。思わず、笑っちゃいました。さあ、今年もイギリスへ。 (★★★★★)

  • 大本 圭野: わが町はいかにして先進自治体となったか―交響する地域自治と生活保障

    大本 圭野: わが町はいかにして先進自治体となったか―交響する地域自治と生活保障
    佐藤元美さんのブログで知りました。先進自治体というタイトルですが、中でも地域医療に多くのページがさかれています。佐久病院や藤沢病院の取り組みを、当事者の生の言葉で知ることができます。 (★★★★★)

  • 村嶋 幸代: 大槌町 保健師による全戸家庭訪問と被災地復興―東日本大震災後の健康調査から見えてきたこと―

    村嶋 幸代: 大槌町 保健師による全戸家庭訪問と被災地復興―東日本大震災後の健康調査から見えてきたこと―
    恥ずかしながら書店に並んでいるのを見て、1年前の出来事を知りました。役場の被災によって、住民のあらゆるデータが喪失される中で、全国から保健師がかけつけ、全戸訪問した記録です。大槌で何があったら、知っておくために、是非、読むべき本です。 (★★★★★)

  • 二宮厚美・福祉国家構想研究会編: 誰でも安心できる医療保障へ―皆保険50年目の岐路 (シリーズ新福祉国家構想)

    二宮厚美・福祉国家構想研究会編: 誰でも安心できる医療保障へ―皆保険50年目の岐路 (シリーズ新福祉国家構想)
    現在の医療保険制度は現物給付(保険証を持って病院に行って医療を受ける)ですが、現金給付の動きが強まっています。誰でも安心できる医療保障は、どの道なのか。民主党政権の政策も分析し、展望を示しています。 (★★★★★)

  • 石井 正: 東日本大震災 石巻災害医療の全記録 (ブルーバックス)

    石井 正: 東日本大震災 石巻災害医療の全記録 (ブルーバックス)
    日赤が一民間医療機関とは、ちょっと驚きです。医療法では公的医療機関なんですが。それにしても、1000年に1回の未曾有の大震災に際して行政の「前例」主義に驚きです。組織論としても大事なことが書かれています。&久方ぶりのブルーバックスでした。 (★★★★★)

  • 近藤 克則: 「医療クライシス」を超えて: イギリスと日本の医療・介護のゆくえ

    近藤 克則: 「医療クライシス」を超えて: イギリスと日本の医療・介護のゆくえ
    在宅医療、特に終末期ケアのあり方について、在宅死だけが理想ではない、質が高いのかという問いかけ。在宅死至上主義を超えて、という指摘に考えさせられます。被災地での看取りは、どうあるべきなんだろう。イギリスの医療の一端も知ることができます。 (★★★★★)

  • 村上 智彦: ささえる医療へ (HS/エイチエス)

    村上 智彦: ささえる医療へ (HS/エイチエス)
    やはり「死」をどうとらえるか、ですね。帯でも紹介されてる「その地域で死んでもいいなって思えたら地域医療は充実します」が、響きます。そして「おまかせ医療」からの転換。医療の中にいると、この場合の医療は、「救急医療」のようなニュアンスですが、なかなかこうした視点が、学ばずには持てないのを感じます。 (★★★★★)

  • 日本看護協会出版会編集部: ナース発東日本大震災レポート―ルポ・そのとき看護は

    日本看護協会出版会編集部: ナース発東日本大震災レポート―ルポ・そのとき看護は
     記念すべき100冊目は、東日本大震災関係でした。看護師の体験談が綴られています。病院で何があったのか、看護師は何をしたのか、多くの事例を知ることができます。 (★★★★)

  • 岡野 孝信: なかまと共に―医療労働組合運動をすすめる12章

    岡野 孝信: なかまと共に―医療労働組合運動をすすめる12章
     岡野さんの個人史を軸に、医療労働運動を身近な課題として見通すことができます。役員からエールには、書かれた方の年代もあった方が、より、身近に感じれたかもしれません。プロセンへの力強いエール。 (★★★★)

  • 井上 英夫: 患者の言い分と健康権

    井上 英夫: 患者の言い分と健康権
    ハンセン病などの医療政策の誤りは、市民参加でこそ抑制ができると訴えています。現場主義の姿勢は東日本大震災での被災地視察でも、大槌町役場の屋上への梯子を登る姿に、強く印象に残っています。 (★★★★★)

  • 古川 俊治: 患者さん参加型医療のすすめ―医療事故はみんなで防ぐ

    古川 俊治: 患者さん参加型医療のすすめ―医療事故はみんなで防ぐ
    お任せ医療では、医療事故は防げず、みずから健康になる、病気を治すという「参加型医療」を提唱しています。 (★★★★★)

  • 植山 直人: 起ちあがれ!日本の勤務医よ―日本医療再生のために

    植山 直人: 起ちあがれ!日本の勤務医よ―日本医療再生のために
    なんと東北大学大学院に社会人入学し、日野先生に学んで書かれた本です。全国の勤務医への熱いメッセージ本です。 (★★★★★)

  • ジョナサン・コーン: ルポ アメリカの医療破綻

    ジョナサン・コーン: ルポ アメリカの医療破綻
    アメリカの医療の実態を、具体的にレポートしています。ルポなんですが、ちょっと読みにくい感じがするのは、翻訳のせいかもしれません。 (★★★★)

  • 小林 美希: ルポ 職場流産――雇用崩壊後の妊娠・出産・育児

    小林 美希: ルポ 職場流産――雇用崩壊後の妊娠・出産・育児
     職場流産をキーワードに、私たちのすぐ近くにある雇用破壊の実態が迫ってきます。雇用に合わせた保育政策を、という話をする方もいますが、こうした実態を読んでから議論すべきと思います。 (★★★★★)

  • 南木 佳士: 信州に上医あり―若月俊一と佐久病院 (岩波新書)

    南木 佳士: 信州に上医あり―若月俊一と佐久病院 (岩波新書)
    一気に買った他の2冊と重なる部分があり、ちょっと意欲をそがれましたが、若月医師の生涯を知る、もちろん一端ですが、1冊です。最近のといってもすでに17年前の本で、その中で若月氏を知らないで研修医が来ていること、意識のギャップがあることが紹介されています。改めて、歴史を学ぶ大切さを教えられました。 (★★★★★)

  • 丹野 義彦: ロンドン こころの臨床ツアー

    丹野 義彦: ロンドン こころの臨床ツアー
    ロンドンに行くなら病院を見てみよう、という、ちょっと変わったガイド本です。マルクスのお墓も紹介されています。 (★★★★)

  • 小島 愛: 医療システムとコーポレート・ガバナンス

    小島 愛: 医療システムとコーポレート・ガバナンス
    イギリスNHSのトラストのコーポレート・ガバナンス、特にファンデーション・トラストの基礎的な資料を整理されています。いくつかの同様の論文をまとめたようで、内容の重複等が惜しまれます。 (★★★)

  • 渡辺 満: イギリス医療と社会サービス制度の研究

    渡辺 満: イギリス医療と社会サービス制度の研究
    1990年代のサッチャー政権からブレア政権初期までのイギリス医療制度NHSの改革についてまとめられています。それにしても、こんなに改革が続いていては、現場が大変ではないかと感じます。 (★★★)

  • 大熊 由紀子: 患者の声を医療に生かす

    大熊 由紀子: 患者の声を医療に生かす
    さまざまな患者団体、患者個人が自分たちの声を医療に生かして欲しいと、さまざまな取り組みをしています。その集会等の様子を本にしたもの。そしてこうした努力が、患者への説明等、医療を変えています。医療に関わる人はぜひ読んでおくべき一冊です。 (★★★★★)

  • 若月 俊一: 若月俊一の遺言―農村医療の原点

    若月 俊一: 若月俊一の遺言―農村医療の原点
    若月氏が岩手県医療局労働組合の学習会の講師で来県したことが書かれていた(199ページ)。すでに、このころから官僚化が露呈し始め、労働組合の運動は打破できなかった?との紹介。いえいえい、運動は引き継がれています。 (★★★★★)

  • 若月 俊一: 信州の風の色 地域農民とともに50年

    若月 俊一: 信州の風の色 地域農民とともに50年
    1994年が初版で購入したのは2010年第2版第1刷。読まれ続けている本ですが、改めて若月先生の地域医療に対する考えを知りたいと思い、読みました。農村に根ざし、しかし目は世界に向いていたことを知りました。それにしても、出会いは大切だな、とも感じました。 (★★★★★)

  • 藤田 和恵: ルポ 患者を守る人びと  ~医療崩壊のなかで

    藤田 和恵: ルポ 患者を守る人びと  ~医療崩壊のなかで
    藤田さんの本は、これで2冊目。各地を回り、医療崩壊の中でもがんばっている方々、医師、看護師等をルポしています。金川さんが、元検査技師として登場しています。 (★★★★★)

  • 伊藤恒敏: 銚子市立総合病院、衝撃の破たんドキュメント 暴かれた地域医療の実像 病院再建を模索した500日間の真実

    伊藤恒敏: 銚子市立総合病院、衝撃の破たんドキュメント 暴かれた地域医療の実像 病院再建を模索した500日間の真実
     東北大学・伊藤氏の渾身の思いが伝わる本です。銚子市立総合病院に深く関わり、外部の(と規定すると失礼かもしれませんが)人間が診た、行政、市民運動などを書かれています。「医療を護る」究極とは、何か。難しい問題を提起しています。 (★★★★★)

  • 後藤 毅人: 銚子市立総合病院休止からリコールへ マイナスからのスタート

    後藤 毅人: 銚子市立総合病院休止からリコールへ マイナスからのスタート
     銚子市立総合病院の休止に至る経過を、やや運動の内側からまとめた本です。市長選挙、有力民間病院、住民運動など、知らなかった裏側(現地では普通に知られていたであろううこと)の一端を知ることができます。 (★★★)

  • 川本 敏郎: 医師・村上智彦の闘い―夕張希望のまちづくりへ

    川本 敏郎: 医師・村上智彦の闘い―夕張希望のまちづくりへ
     村上医師の生い立ちにまで遡り、なぜ夕張で、なにを夕張で、という疑問の応えてくれる本です。医療スタッフに何を求めているのか、理想の職場づくりも、村上氏の体験からきていたようです。学生時代のバイト、奨励です。 (★★★★★)

  • 上野 直人: 最高の医療をうけるための患者学 (講談社+α新書)

    上野 直人: 最高の医療をうけるための患者学 (講談社+α新書)
    最近、患者参加という事が、イギリス流というニュアンスで発信されています。アメリカでも、特にがん治療(こういう理解でいいのかしら?)での患者参加、みずからの病気、治療を深く理解し、立ち向かう。そして医療もチームで対応することが紹介されています。うーん、なるほど。当事者に変える力あり。 (★★★★★)

  • 荒井 千暁: 職場はなぜ壊れるのか―産業医が見た人間関係の病理 (ちくま新書)

    荒井 千暁: 職場はなぜ壊れるのか―産業医が見た人間関係の病理 (ちくま新書)
     下の本をアマゾンで検索したら「おすすめ」で出てきたので購入。産業医から見た職場の異常性に言及。しかし、法律がめざす労働環境という点で、ちょっと弱い感じがしました。しかし、成果主義賃金の問題は、大事な私的です。 (★★★★)

  • 笹山尚人: 人が壊れてゆく職場 (光文社新書)

    笹山尚人: 人が壊れてゆく職場 (光文社新書)
     女性部の学習会の講師で来られたので、購入。改めて法律とは、社会の反映であることを痛感。最低限の法律さえ守られない職場実態の異常さを、他人事と言っているのは、大変な間違いです。特に医療現場は。常識を法律で問い直す1冊です。 (★★★★★)

  • : 社会的共通資本としての医療 (Social Common Capital)

    社会的共通資本としての医療 (Social Common Capital)
    医療とは、そもそも社会にとってどういうものなのか。医療は自然環境、社会的インフラとならんで、社会に必要な制度資本(総じて「社会的共通資本」)であり、市場原理で運営すべきではない、と喝破しています。 (★★★★★)

  • 和田 努: 現場が変える日本の医療〈Part2〉医療者と患者・市民の地道な歩み

    和田 努: 現場が変える日本の医療〈Part2〉医療者と患者・市民の地道な歩み
     オーソドックスな地域医療をめぐる各地の運動が紹介されています。いずれも著者が直接訪問し、インタビューしたもので、貴重な話も掲載されています。岩手も藤沢町民病院、久慈の自殺防止での岩手医大が。地域医療の入門に是非。 (★★★★★)

  • 林 大地: 見習いドクター、患者に学ぶ―ロンドン医学校の日々 (集英社新書 431I)

    林 大地: 見習いドクター、患者に学ぶ―ロンドン医学校の日々 (集英社新書 431I)
     入学した5年間の中でもカリキュラムが変更される(1年生と5年生で違う)のは、ちょっと驚きです。でも一貫しているのは「患者中心の医療」。「病気を診ずして病人を診よ」、おっとこれは日本で研修先に選んだ慈恵医大のものでした。「患者に学ぶ」一端を知ることができる本です。 (★★★★★)

  • 小林美希 著: 看護崩壊 病院から看護師が消えてゆく (アスキー新書)

    小林美希 著: 看護崩壊 病院から看護師が消えてゆく (アスキー新書)
    実際に働き、現状を告発している労働組合の活動を丁寧にレポートし、独自に現場も回った労作。お隣の秋田・米内沢病院の整理解雇もタイムリーに取り上げています。残念、岩手はなし。ツイッターもされています。2交代などの実態、導入の理由の深いところ、なるほどねーと理解できます。組合員は、まず読もう。 (★★★★★)

  • 林 直樹: 撤退の農村計画―過疎地域からはじまる戦略的再編

    林 直樹: 撤退の農村計画―過疎地域からはじまる戦略的再編
    過疎の進む集落を、将来どうすべきかを問う本です。冒頭に岩手県の紹介があります。医療はどうあるべきか。「救急医療から考える移転先」が江原医師によって執筆されています。総合病院のバックアップ体制の中での無床診療所・総合医という選択肢もあるのではないかと感じました。 (★★★)

  • 及川 和男: 命見つめ心起こし―「生命村長」深沢晟雄スタディー

    及川 和男: 命見つめ心起こし―「生命村長」深沢晟雄スタディー
     及川さんのお話を聞き、この本を購入。沢内から、深沢村長から、何を学ぶのか、及川氏も、いまだにスタディーを続けているといい、本の中でも問いかけてきます。「行脚と対話」、今も必要とされています。一読をおすすめします。 (★★★★★)

  • : 揺れるいのち―赤ちゃんポストからのメッセージ

    揺れるいのち―赤ちゃんポストからのメッセージ
     もう3年も経つのか、という感じもあります。実施したのは民間の病院です。児童相談所など公の相談体制との連携もありますが、独自に3人の相談体制を取り、職員の協力もあるようです。なぜ民間か、なぜ広がらないのか、公立病院から見て、ちょっと口惜しい感じがします。一方で、さざまなNPOの紹介もあります。岩手には関係がない、ということでなく、読むべき1冊です。 (★★★★★)

  • 渡辺 さちこ: “患者思い”の病院が、なぜつぶれるのか?

    渡辺 さちこ: “患者思い”の病院が、なぜつぶれるのか?
     DPCに関する理解を深めることができました。やはり地域連携や病院の理念を考えないと意味がない、ということです。基幹病院がのきなみDPCを取らされた県立病院は、入院期間の短縮だけが進むのではないかと危惧されます。その中でも、マネジメントに意欲的な病院長として県立中央病院が紹介されています。 (★★★★★)

  • 飯田 哲也、浜岡 政好: 公共性と市民

    飯田 哲也、浜岡 政好: 公共性と市民
     私、公、公共、公共性。難しいテーマです。京都の景観政策など、身近なところから説き起こしていて、「公共性」について考えるきっかけになる本です。 (★★★★)

  • きむら とも: 医者とラーメン屋 「本当に満足できる病院」の新常識

    きむら とも: 医者とラーメン屋 「本当に満足できる病院」の新常識
     医療をどう利用するのか。決してお客さんではないけません。でも、この本は医療がどうあるべきかを、医療をどう評価すべきかを、医師の眼から書かれた本です。書いたのは「外科医改め総合臨床医」、ちょっと総合医ものが続いています。 (★★★★★)

  • 松村 理司: 地域医療は再生する―病院総合医の可能性とその教育・研修

    松村 理司: 地域医療は再生する―病院総合医の可能性とその教育・研修
     前半はどうして「総合医か」ということ。舞鶴市民病院での医師集団退職のことも触れられています。地域病院の再生には総合医が不可欠、と医療教育、大学ではなく地域病院の現場での教育、研修の充実の熱意、そして意義を知る1冊です。岩手県での総合医検討委員会では、キャリア・パスの議論もありましたが、ここには触れられていないようです。 (★★★★★)

  • 村重 直子: さらば厚労省 それでもあなたは役人に生命を預けますか?

    村重 直子: さらば厚労省 それでもあなたは役人に生命を預けますか?
     かつて厚生省を手厳しく批判した宮本政於さん(「お役所の精神分析」など。故人)がいました。医系技官の実態の一部を知ることができ、興味深い内容です。そして、私たちも「お上」お任せでなく、学び、発信していくことが必要です。 (★★★★)

  • 伊関 友伸: まちに病院を!――住民が地域医療をつくる (岩波ブックレット)

    伊関 友伸: まちに病院を!――住民が地域医療をつくる (岩波ブックレット)
     住民運動が、どういう方向を向いて進むべきか。まだまだ岩手では、行政への要求運動をしないと住民運動ではないなのような「誤解」が一部に(一部であって欲しい)あります。病院建設と市民参加など、ブックレットですが読み応えがあります。 (★★★★★)

  • 日野 秀逸: 憲法がめざす幸せの条件―9条、25条と13条

    日野 秀逸: 憲法がめざす幸せの条件―9条、25条と13条
     ちょっと大きな視点で医療を考える本です。WHO憲章の前文で大事な点を紹介しています。第1は国民の健康に国が責任を持つこと、第2に住民参加。住民が社会保障に関する「精通した意見」を持って、「積極的に」参加することが、現代の保健活動の基本的なあり方。なるほど、やはり医療は与えられるものではなく、権利として獲得したものであり、住民参加は当然の要請ということでしょう。すてきなタイトルの本、ぜひ一読を。 (★★★★★)

  • 本田宏、他: なぜ、病院が大赤字になり、医師たちは疲れ果ててしまうのか!?―医療をつくり変える33の方法

    本田宏、他: なぜ、病院が大赤字になり、医師たちは疲れ果ててしまうのか!?―医療をつくり変える33の方法
     市民運動から、保険医協会、医師など様々な立場から自説を展開しています。共通する思いは、今の医療崩壊の現実をなんとかしなくちゃ、ということ。消費税増税論議もありますが、小さいことかもしれません。気に入ったところを読んで、あとはHPへ。 (★★★★★)

  • 伊藤 善典: ブレア政権の医療福祉改革―市場機能の活用と社会的排除への取組み (MINERVA福祉ライブラリー)

    伊藤 善典: ブレア政権の医療福祉改革―市場機能の活用と社会的排除への取組み (MINERVA福祉ライブラリー)
     ブレア政権下、2000年から2005年くらいのNHS改革について、詳しく書かれています。市民参加が法制化される中で、PCTの役員会は議長(非常勤)と5人の非常勤役員、最高経営責任者、財務担当責任者、3人の経営委員会委員の11人で構成され、市民が議長や非常勤役員として就任している、とのことです。  市民参加の具体的な仕組みを知ることのできる一冊です。 (★★★★★)

  • 林 信吾: イギリス型<豊かさ>の真実 (講談社現代新書)

    林 信吾: イギリス型<豊かさ>の真実 (講談社現代新書)
     イギリスと日本の医療保険制度を比較し、歴史も踏まえて紹介されています。イギリスの教育や日常生活などももパージ数をさかれていて、医療だけを期待すると、ちょっと当てが外されるかもしれません。NHSへの信頼、老後の生活にも大きな差があるようです。 (★★★★)

  • 川眞田 喜代子: 地域医療崩壊の危機―首都圏でも!?

    川眞田 喜代子: 地域医療崩壊の危機―首都圏でも!?
     首都圏でも医療崩壊が進んでいる、というタイトルですが、看護師不足、過酷な労働実態なども紹介され、ちょっと焦点がぼけた感じです。 (★★★)

  • 近藤 克則: 「医療費抑制の時代」を超えて―イギリスの医療・福祉改革

    近藤 克則: 「医療費抑制の時代」を超えて―イギリスの医療・福祉改革
     ブレア政権による医療、福祉政策の改革を紹介しています。ブレア政権でのNHS改革は、目標の設定、現場への権限委譲、結果・成果の評価が3つの柱である、としています。そして医療費抑制は、すでに時代遅れだ、とも。 (★★★★★)

  • 森 臨太郞: イギリスの医療は問いかける「良きバランス」へ向けた戦略

    森 臨太郞: イギリスの医療は問いかける「良きバランス」へ向けた戦略
     大学院の研究として読みました。ブレア首相(当時)による医療改革の中心は、サッチャー政権での「新自由主義」ではなく、「新しい公共事業運営」とその修正で、柱は市民参加の法制化という話が展開されています。どのような場面でも、「決定に患者・一般市民の参加」が制度化されているようです。NHSという国営の医療制度の中での改革だからこそできるきとだとは思いますが、非常に参考になります。 (★★★★★)

  • 内橋 克人、宇沢弘文: 始まっている未来 新しい経済学は可能か

    内橋 克人、宇沢弘文: 始まっている未来 新しい経済学は可能か
     財政健全化法の大本には、市場原理主義があり、それが自治体財政にも襲いかかり、自治体を財政で競わせている。「財政再建団体に指定されたら大変だ、と、その前に赤字の病院を切り捨てる」。総務省の公立病院改革ガイドラインの根本問題を解明し、「社会的共通資本しての医療」の充実をも指摘しています。両氏の真摯な対話が、一気に読ませます。 (★★★★★)

  • : 女性たちの大学院―社会人が大学院の門をくぐる時

    女性たちの大学院―社会人が大学院の門をくぐる時
     沸き立つような学問への情熱。ジェンダーへの気づきが大学院の門をたたいたり、学ぶ中で気づいたり。大学とは違う大学院の学び方、指導教官との出会いなど、一気に読み終えました。社会人での大学院入学をめざす皆さんへのエールとなる一冊です。私も四月から大学院生。彼女たちに負けない情熱で、がんばろうという気持ちになりました。 (★★★★★)

  • 総合研究開発機構: 日本の医療は変えられる

    総合研究開発機構: 日本の医療は変えられる
     複雑な医療の問題を、「経済学の視点」で整理した部分と、医療関係者へのインタビューで構成されています。より適正な医療政策のためには、意志決定プロセスを医療提供者と支払者だけで決めるのではなく、市民参加が提示されています。また、がん対策基本法では、「がん患者あるいは市民代表を意志決定の委員会に入れることを初めて義務化」したと紹介されています。読みやすい本です、一読を勧めます。 (★★★★★)

  • 江原 朗: 医師の過重労働―小児科医療の現場から

    江原 朗: 医師の過重労働―小児科医療の現場から
     医師不足、医師の過重労働、特に小児科医師をめぐるデータが多彩です。海外を含む医学論文、新聞等を縦横に使い、決して持論を読者に強要しない姿勢が、強い説得力を生んでいる感じがします。本を読んだら、著者が開設されたHPを見ることもおすすめです。さっそくメールさせていただきました。医師の集約化など議論の分かれる論考が印象的です。 (★★★★★)

  • 大津 秀一: 死ぬときに後悔しない医療 (小学館文庫)

    大津 秀一: 死ぬときに後悔しない医療 (小学館文庫)
     緩和医療について、大切な情報がいっぱいです。病院からホスピスへ、今は在宅と入院、在宅支援診療所で実践されている方の本です。黎明期のホスピスは、宗教による安寧もありましたが、今はどうなっているのでしょうか。県立病院でも磐井病院、中部病院などで運営されています。 (★★★★★)

  • 中原 英臣 岡田 奈緒子: 医療破綻

    中原 英臣 岡田 奈緒子: 医療破綻
     2人の医師の共著ですが、どうも誰のために、何を深めて書いたか分からない感じの本です。全体を網羅しているような、自分の関心、周りの状況だけなのか。どちらかといえば、政府のいいなりに納得されているような。 (★★)

  • 上野 千鶴子: 世代間連帯 (岩波新書)

    上野 千鶴子: 世代間連帯 (岩波新書)
     労働科学研究所の佐々木司さんの推薦の書です。夜勤の有害性を説き、夜勤交替制勤務改善への提言をしています。その講義の最後に紹介するのが、この本。思い切って斟酌すると、夜勤に耐性のある若い看護師が9日夜勤をし、中高年はその分夜勤を減らすことで、全体の負担軽減、ということでしょうか。 (★★★★★)

  • 紙屋克子: 紙屋克子 看護の心そして技術―課外授業 ようこそ先輩・別冊 (別冊課外授業ようこそ先輩)

    紙屋克子: 紙屋克子 看護の心そして技術―課外授業 ようこそ先輩・別冊 (別冊課外授業ようこそ先輩)
     札幌麻布脳神経外科病院での看護の取り組みを紹介したNHK[あなたの声が聞きたい」の副院長・看護部長だった紙屋さん。さらに大学で福祉を学び、今は大学教授として各地でボランチィアも含めて看護を実践しています。看護の入門書でもあり、看護を気づかせてくれる1冊でもあります。是非、お読みください。 (★★★★★)

  • 金川 佳弘他: 地域医療再生と自治体病院―「公立病院改革」を検証する

    金川 佳弘他: 地域医療再生と自治体病院―「公立病院改革」を検証する
     地方公営企業、独立行政法人、PFIなど、自治体病院に関する基本的な知識を学ぶだけでなく、住民といっしょに地域医療を守る運動を、わかりやすく解説し、ビジョンのある運動を呼びかけています。金川さんの1日も早い回復を願っています。PS 114ページの補足 いわてリハは2006年度、100ベッド、代行制です。また療育センターは肢体不自由児施設であり、病院ではありません。 (★★★★★)

  • 中川 雄一郎: 地域医療再生の力

    中川 雄一郎: 地域医療再生の力
     医療生協や厚生連から見た地域医療に取り組む自治体病院や、自らの地域医療への取り組み、問題点を紹介しています。それにしても、私も1度見学しましたが、佐久総合病院・若月先生は、地域医療を語る上で、大事なことを再認識しまいた。また、労働組合を真正面に捉えているのも特徴です。文化的土台の上に、色平医師の存在がある、との記述も。 (★★★★★)

  • 佐藤 徹、高橋秀行、増原直樹、森賢三: 新説市民参加―その理論と実際

    佐藤 徹、高橋秀行、増原直樹、森賢三: 新説市民参加―その理論と実際
     市民参加という言葉はよく聞かれるようになりましたが、何をもって、どこから「参加」なのか。各地の取り組みも紹介しながら、市民参加のあり方を、分かりやすく論じています。ちょっと難しいところもありますが、「住民参加と革新自治体」など、歴史的に面白く感じるところもありました。 (★★★★★)

  • 武内 和久: 公平・無料・国営を貫く英国の医療改革 (集英社新書)

    武内 和久: 公平・無料・国営を貫く英国の医療改革 (集英社新書)
    ブレア政権によるNHS改革の足取りをたどる形で、日本の医療改革の方向を探る、という本です。著者の1人は厚生労働省の幹部であり、どうも日本の医療改革への提言に真実味が感じられないのは、私一人ではないかと思います。とりあえず、イギリスの医療制度を知るための良書です。 (★★★★)

  • 伊関 友伸: 地域医療 ~再生への処方箋~

    伊関 友伸: 地域医療 ~再生への処方箋~
    伊関さん、2冊目の地域医療に関する著作です。タイトルには入っていませんが、地域医療を支えている自治体病院への処方箋です。沖縄県職労で講演したことも書かれています。注目すべきは、自治体病院の経営評価(案)です。また、過大な赤字喧伝に警鐘を鳴らしています。経営評価に、労働組合の有無がないのが残念。この1年の動きを知る良書です。 (★★★★★)

  • 仁科 桜子: 病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)

    仁科 桜子: 病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)
    医師の退職。地域医療崩壊の始まりです。その医師が、医師という職業選択から就職、その後の働き方が書かれています。病院、医師を知るための1冊です。タイトルは、ちょっとケバケバしいですね。 (★★★)

  • 永田 宏: 命の値段が高すぎる!―医療の貧困 (ちくま新書)

    永田 宏: 命の値段が高すぎる!―医療の貧困 (ちくま新書)
     小泉医療改革の象徴でもある、後期高齢者医療制度。このあり方が、民主党政権の発足の中で揺れています。野党時代に即時廃止で共産党、社民党などと一致していました。政権を取って、なぜ即時廃止ができないのか、その理由をこの本で知ることになりました。「後期高齢者医療制度を廃止して元に戻す」ことを主張していいる政党も、関心のある方も、一読を。 (★★★★★)

  • 勝又 健一: 医療崩壊の真実 (アスキー新書)

    勝又 健一: 医療崩壊の真実 (アスキー新書)
     医師専門の人材紹介をしている方の見た、医療崩壊の実態と対策が、分かりやすく書かれています。きっと、どういう医師が必要ですか、という問に、まともに答えられなかった病院の多くが、自治体病院だったのではないかと思われます。  医師のと関係を、住民から作っていくためにも、呼んでおきたい本です。 (★★★★★)

  • 増田 進: 森の診療所の終の医療

    増田 進: 森の診療所の終の医療
     沢内村への愛情を感じます。沢内村でめざした地域医療、そして振り返って、今、必要な地域医療の1つの考えを示しています。家屋の改善、スポーツ大会などなど、医療と福祉、保健、村民のために村の行政と一体となった活動は、「医療」「医師」という範疇ではくくれない感じです。自称「独り総合病院」、「沢内病院に36年いて感じたのは、地域で発生する疾病や外傷のうち、どうしても専門知識が必要だという診療は1%もないのではないかということだ。99%は普通の医者ができる。それが実感だ。」 (★★★★★)

  • 里見 清一: 偽善の医療 (新潮新書)

    里見 清一: 偽善の医療 (新潮新書)
     いやー、痛快です。歯に衣着せぬ、とはこういうことをいうのかと感心します。冒頭の「患者さま」問題も、言葉でなく、医療の基本にかかわる問題として、解りやすく喝破されています。医療問題の別の一面を知ることができる良書です。 (★★★★★)

  • 南 俊秀: モンスターペイシェント―崩壊する医療現場 (角川SSC新書)

    南 俊秀: モンスターペイシェント―崩壊する医療現場 (角川SSC新書)
     救急現場の生々しい医師による「モンスターペイシェント」の事例からページは進みます。しかし、日本医療に難癖をつける巨大なモンスターの存在まで分かりやすく示します。国内でも医療崩壊を推進した勢力をズバリ指摘。医療を考える良書です、ぜひ一読を。 (★★★★)

  • 津田 光夫他: 10年後、あなたは病気になると家を失う―国民皆保険崩壊の真実

    津田 光夫他: 10年後、あなたは病気になると家を失う―国民皆保険崩壊の真実
     日本経済新聞社の発行ということで、ちょっと身構えて読み始めました。しかし、「5割以上の医師が職場を辞めたい-日本医療労働組合連合会の調査」なる見出しを発見。改めて著者の経歴を巻末から拾い読むと、4人の方が、それぞれ保険医協会の役員をされていることを知り、一気に読み進めました、  アメリカの後追いの医療政策で日本がどうなるのか。タイトルにそれが表されています。映画シッコの世界ですね。医療制度を知ることが出来る良書です。ぜひ買って読んでください。 (★★★★★)

  • 大阪大学医学部 医療経済研究チーム: 医療の裏側でいま何がおきているのか (ヴィレッジブックス新書)

    大阪大学医学部 医療経済研究チーム: 医療の裏側でいま何がおきているのか (ヴィレッジブックス新書)
     「複雑な問題を分かりやすく解説、日本医療の未来を考える」という宣伝文句に引かれて購入しましたが「問題解決のための出口が見えてこない」まま。  公開講座での講義内容をまとめた本であることを知りましたが、結局国(厚生官僚)の言い分が無批判に掲載され、出口は自分で考えろということかもしれません。 (★)

  • 尾林 芳匡: PFI神話の崩壊

    尾林 芳匡: PFI神話の崩壊
     近江八幡市立病院、高知医療センター等のPFI破綻の問題点を分かりやすく解説しています。イギリスの制度をまねたと言われていますが、どうもやってはいけない、公がやるべきことまで、いつのまにか「官から民へ」「民でできるこは民で」と流されて、日本の問題になっているようです。  東京で進められている都立病院のPFIは、今からでもしっかり検証すべきだと思います。 (★★★)

  • 田川 大介: 医療崩壊を超えて―地域の挑戦を追う

    田川 大介: 医療崩壊を超えて―地域の挑戦を追う
     九州での医療実態を紹介しています。新聞記者の取材が基になっているので、地域の声、患者の声、家族の生の声が、淡々と紹介されいるのが印象的です。最初は、あまりに淡々として、医療崩壊の実態に迫っていないのでは、と思い読み進めましたが、一人ひとりに、焦点を当てて見えてくるものがありました。あとがきは「見えないものを見る」でした。 (★★★★★)

  • 小川 道雄: 医療崩壊か再生か―問われる国民の選択

    小川 道雄: 医療崩壊か再生か―問われる国民の選択
     医師不足問題を分かりやすく紹介しています。もともとは、著者が医療問題の講演を頼まれ、意外に実態が知られていないことに逆に驚き、それをまとめたものです。医療問題、医師不足問題の入門書として適しています。  まさに総選挙で、国民の選択が重要となっています。 (★★★★)

  • 河北新報社編集局: 小児科砂漠

    河北新報社編集局: 小児科砂漠
     東北地方の小児科医療の実態を、全国の状況、海外の取材も含めて紹介しています。救急医療だけでなく、院内学級、健診などにも触れ、地域の苦悩、親の不安、深刻な医師不足の実態を明らかにしています。書かれたのは2003年。事態は、さらに深刻になっています。  当時読んだ本ですが、小児医療の広がりを知る一冊です。 (★★★★)

  • 自治医科大学: 地域医療テキスト

    自治医科大学: 地域医療テキスト
     地域医療をどういう姿にしようかと考えるときに、非常に参考になる1冊です。過疎地で、高齢化、医療と福祉をどうするか。地域とはなにか、病院・診療所の基準、運営など有益な情報も沢山書かれています。最後の小説は読まされました。 (★★★★★)

  • 神咲 命: 産科医療・崩壊

    神咲 命: 産科医療・崩壊
     現場の産科医が、現実に起きていることを元に小説にしたものです。女性産科医の視線で、自らの家族のこと、患者、病院のことなどを、携帯小説風に書かれています。医師が医師をやめない希望とは。是非、お読み下さい。 (★★★)

  • 平井愛山: 医療再生はこの病院・地域に学べ! (新書y)

    平井愛山: 医療再生はこの病院・地域に学べ! (新書y)
     夕張希望の杜の村上先生や、わかしおネットワークの平井先生が執筆。県立遠野病院の貴田岡先生も、地域での市との連携について書かれています。  地元新聞での連載で紹介された北海道江別市の総合医も。  地域医療の最前線で頑張っている様子が知れて、元気がもらえます。あきらめでなく、学んで自分たちの地域も医療再生を、そんな元気がでる一冊です。 (★★★★★)

  • HSP活動報告委員会: 医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録

    HSP活動報告委員会: 医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録
     一つ前の医療政策入門のさらに入門編。「医療改革のリーダーの養成により、社会改革の触媒」になる人材養成を掲げて、東大が開設した講座を紹介しています。そして、この養成講座で育ったリーダーだけが医療変革の担うのではなく、「『医療を動かす』のは、あなたなのです」という感じ、いいですね。どうぞ、お読み下さい。 (★★★★★)

  • 東大医療政策人材養成講座編: 「医療政策」入門―医療を動かすための13講

    東大医療政策人材養成講座編: 「医療政策」入門―医療を動かすための13講
     各地でHSP、東大での研修を終えた方々の発言を聞く機会が増え、注目していました。今回、その成果を集めた本が出版されました。まずは、読みやすいことに注目。でも、これまでの活躍のポイントは、いろいろな立場の方々のつながりが広がり、そのことが新たな運動や提言につながっていることに注目でしょう。  地域住民が医療政策に参加する方向など、示唆に富んでいます。  東京かー、ちょっと遠いけど魅力的です。 (★★★★)

  • 足立 君江: カンボジア はたらく子どもたち―足立君江写真集

    足立 君江: カンボジア はたらく子どもたち―足立君江写真集
     アンコールワットの撮影から、子どもたちの笑顔に魅せられ、この写真集になったそうです。  カンボジアの子どもたちの目の輝き、そして裸足の足下から、生活の厳しさが伝わります。100ページ、学校から帰る子どもたちにも裸足の子どもが。 (★★★)

  • 葉田 甲太: 僕たちは世界を変えることができない。

    葉田 甲太: 僕たちは世界を変えることができない。
     カンボジアには、アンコール小児病院だけでなく、日本人が作った学校(学校の名前が日本人名になっている)がありました。この本は、そんな学校を作った医学生の話です。「世界を変えることができな」けど、若い仲間が集まり、社会に働きかけると、学校を作ることができました。きっと著者も仲間も、回りの社会も変わり、「世界を変える」一歩になったのではないかと思います。 (★★★)

  • 本田 由紀: 「生きづらさ」の臨界―“溜め”のある社会へ

    本田 由紀: 「生きづらさ」の臨界―“溜め”のある社会へ
     労働運動の道徳的権威(宗教を含め)があるから、アメリカ、ヨーロッパの労働組合運動は、組織率が低くてもスト・集会・デモに多くの未組織労働者、市民が参加する、と考えていました。しかし、本書ではアメリカの社会運動、労働者の組織化では「コミュニティを組織化する」ということが意識されているということが話されています。「組織化」のイメージの拡大、現在の運動にも必要な視点だと考えさせられる1冊です。 (★★★★)

  • 佐々木 俊尚: ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))

    佐々木 俊尚: ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))
     ブログで何を表現、主張すべきかと思っていたところに、手にした1冊です。日頃のブログ記事に反省しきり。ブログが炎上するネタが書いているかと期待していたのですが、やはり、その記事にどう感じたか、論評、批評がないとダメですね。それー、蟹工船のように、CGJのように。 (★★★)

  • 上杉 隆: ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)

    上杉 隆: ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)
     官邸崩壊など、なぜか崩壊シリーズを執筆。記者クラブの批判などを鋭く書いています。世界から見た日本のおかしさ。それは、医労だけではなかったということ。ネットで新聞を巡回していて、発表・配信を流すだけなら、別に必要を感じないと感じたことに応えてくれる1冊でした。 (★★★★)

  • 宮本 憲一: 公共政策のすすめ―現代的公共性とは何か

    宮本 憲一: 公共政策のすすめ―現代的公共性とは何か
     10年前に書かれた本ですが、10年が経過し、この本の指摘を私たちが実践する時代になったのではないかと感慨深いものがあります。日本型社会保障では佐久総合病院の取り組みも紹介されています。 (★★★★)

  • 米山 公啓: 医者が病院から逃げ出すとき (ちくま文庫 よ 14-2)

    米山 公啓: 医者が病院から逃げ出すとき (ちくま文庫 よ 14-2)
     米山さんの著著、2冊目を読みました。医療の改革が叫ばれる一方で「医療費の抑制のために、医者やナースにはますます厳しい労働環境になっている」との現状認識から、しがらみを捨ててしまった医師であり作家である著者が、さまざまな提言をしています。 (★★★★)

  • 鈴木 敦秋: 小児救急 「悲しみの家族たち」 の物語

    鈴木 敦秋: 小児救急 「悲しみの家族たち」 の物語
     激務で過労自死した小児科医の中原さんの裁判、病院側の責任を認めないとの判決が伝えられています。その中原医師と家族の苦悩を伝える良書です。医師と利用する患者のみなさんがどういう連帯をしていけるか、背景となっている問題を告発しています。大人として「子どもたちの未来を」どう守っていくのかが問われます。 (★★★★)

  • 岡井 崇: 壊れゆく医師たち (岩波ブックレット NO. 718)

    岡井 崇: 壊れゆく医師たち (岩波ブックレット NO. 718)
     医師の過労死が問題になっています。特に、なり手が少なくなっている産婦人科、小児科です。過労自殺するような医療現場の実態を簡潔に分かりやすく伝える本です。 (★★)

  • 武井 麻子: ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代

    武井 麻子: ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代
     患者に心を寄せて、と言われる看護師たち。しかし、実際は人の生き死にに直面し、それでは身が、心が持ちません。「感情労働」は心を売る仕事という言葉にドキリとさせられます。現場で疲れた看護師に読んで欲しい1冊です。 (★★★)

  • 鈴木 厚: 日本の医療に未来はあるか―間違いだらけの医療制度改革 (ちくま新書)

    鈴木 厚: 日本の医療に未来はあるか―間違いだらけの医療制度改革 (ちくま新書)
     医療の市場原理の導入は「患者の利益が目的ではなく企業の利益が目的」と指摘し、市場原理の元では低所得者や老人が医療からはじき出されると危惧しています。医療危機突破集会での東大医師会などのデモ行進など貴重な資料も掲載されています。 (★★★★)

  • 鈴木 厚: 日本の医療を問いなおす―医師からの提言 (ちくま新書)

    鈴木 厚: 日本の医療を問いなおす―医師からの提言 (ちくま新書)
     医療改革が進められつつあった1998年に書かれた本です。医師、看護師は苛酷な労働環境で重労働を強いられ、一方で製薬業界は大好況。ゆがんだ医療行政を徹底批判しています。 (★★★)

  • 近藤 喜代太郎: 医療が悲鳴をあげている―あなたの命はどうなるか (think book)

    近藤 喜代太郎: 医療が悲鳴をあげている―あなたの命はどうなるか (think book)
     現役を退いた筆者が、地域医療崩壊を座視できず書いた本です。医師、看護師が病院を去り、医療の安全と安心への誤解、裁判なども紹介されています。 (★★★)

  • 関岡 英之・和田秀樹: 「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる

    関岡 英之・和田秀樹: 「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
     2人の対談で小泉改革の問題点を、ずばっと解明。アメリカの要求、財界の要求が背景にあり、医療の規制緩和、改革が行われた状況が分かりやすく紹介されています。 (★★★★)

  • 日野秀逸編著: 地域医療最前線―住民のいのちを守る政策と運動

    日野秀逸編著: 地域医療最前線―住民のいのちを守る政策と運動
     熊坂・宮古市市長が推薦の帯。釜石、青森、愛媛、京都など、全国各地の運動が、当事者の手によって書かれ紹介されています。患者・住民・医療従事者・自治体職員の運動で住み続けられる地域をと日野先生がまとめています。 (★★★★★)

  • 大原 毅: 元東大病院分院長が見たこの国の医療のかたち

    大原 毅: 元東大病院分院長が見たこの国の医療のかたち
     日本の医療の現実を憂い、あるべき医療のかたちを探るために書かれた本です。儲け第1主義を批判し、成果主義賃金についても「これはあくまで金儲への思想です。この制度を導入した商社が崩壊するという現象も起きています」とピシャリ。 (★★★★)

  • 田辺 功: ドキュメント医療危機

    田辺 功: ドキュメント医療危機
     朝日新聞の編集委員である田辺さんが、多くの方々のインタビューを介して、日本の医療危機の実態を鋭くえぐり出しています。非常に読みやすく、入門書に最適な1冊です。 (★★★★★)

  • 高岡 善人: 病院が消える―苦悩する医者の告白
     1993年に発行されたこの本は、さまざまな問題意識を広げた大切な本です。もう15年まえから今の日本の医療に現場の医師が苦悩し、低医療費政策に問題の本質を見ていたことが分かります。少し冒険的な賭だが断りながら、「日本医師会は政党献金の廃止を」との提言。先見性はさすがです。 (★★★)
  • 伊関 友伸: まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生

    伊関 友伸: まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生
     まちの病院、自治体病院がなくなる危機がせまっている、という伊関さんがその再生を願って出した本です。「はたして自治体病院は必要か」という本質にせまるところでは、「自治体病院は、民間の医療と併せて、地域において医療の質の維持を図ることが存続する理由であると考える」と書かれています。自治体病院職員がまず読むべき本です。 (★★★★★)

  • 斎藤 芳雄: 死に場所づくり―地域医療・地域福祉のめざすもの
     地域でめざす医療の目的は、ひょっとして「死に場所づくり」ではないかと思います。安心して生活でき地域、そして「住民の死をも保障しなければならない」という言葉に、ハッとさせられます。少し古い本ですが、1人の医師の実践と住民の力に、今の可能性を見る1冊です。 (★★★★)
  • 色平 哲郎: 命に値段がつく日―所得格差医療 (中公新書ラクレ)

    色平 哲郎: 命に値段がつく日―所得格差医療 (中公新書ラクレ)
     臨床研修制度が始まり、そのことが医師不足を加速したとも言われます。このことをもって臨床研修制度への批判もあるようですが、しかし、臨床研修・現場での医療経験が、医師を変え、病院を変えていることがこの本から知ることが出来ます。「病気ではなく、人を診る医師を育てる」という佐久総合病院に臨床研修希望者が集まることに、希望を見ることができると感じました。地域医療を考えることのできる1冊です。 (★★★★)

  • 色平 哲郎: 大往生の条件 (角川oneテーマ21)

    色平 哲郎: 大往生の条件 (角川oneテーマ21)
     畳の上で死ぬことは、都会と田舎では、ずいぶんと受け止め方が違います。しかし、人間としてのケアはどういうことかを、村の診療所から考えさせられます。豊かさとは何かを考えさせられる1冊です。 (★★★★)

  • 鎌田 實: なげださない

    鎌田 實: なげださない
     「がんばらない」という本が有名になり、岩手県の「がんばらない宣言」にもつながりました。短い言葉は、印象に残りますが、しかし鎌田さんが言いたかったこととずれてきた感じがします。「がんばらない」に続いて、いくつか出された中の1冊。なげださない大切なことに、「平和」も。できないことはいっぱいあるけど、「がんばらないで、あきらめないで、なげださないで、生きていこうと思う」。うん、私も。 (★★)

  • 米山 公啓: 医学は科学ではない (ちくま新書)

    米山 公啓: 医学は科学ではない (ちくま新書)
     EBM(実証に基づく医療)がもてはやされています。科学が発達すれば、直らない病はなくなる、と信じてきましたが、どうもそうでもないようです。端的な例は、「同じ患者はいない」ということ。癌であっても、その進行状況は千差万別。インフォームドコンセント、結局は自ら判断していくこと、病気にならない予防も含めて考えて行かなくてはだめなようです。科学万能のような世の中だからそこ、一読する価値がある1冊です。 (★★★)

  • 村上 智彦: 村上スキーム 地域医療再生の方程式

    村上 智彦: 村上スキーム 地域医療再生の方程式
     財政破綻した夕張市で、地域医療の再生に取り組む村上医師の考え、奮闘ぶりを伝える本です。しかし、タイトルは村上スキームで、またニュース等でも、なにか彼個人がスーパーマンで、あるいはすばらしい考えで診療所を運営していると思っていましたが、この本で、すばらしいスタッフ、同志(といっていいような感じ)がいてこその取り組みであることを知りました。改めてチーム医療の大切さ、そのチームには住民も含まれている、そのことを考えさせる1冊です。 (★★★★★)

  • 平井 愛山: 地域医療を守れ―「わかしおネットワーク」からの提案

    平井 愛山: 地域医療を守れ―「わかしおネットワーク」からの提案
     銚子市民病院の閉鎖が大きな話題になっています。医療崩壊の原因の1つが、医師の退職。同じ千葉県で院長が先頭にたって医師確保に奮闘、地域医療の崩壊をくい止めています。そのカギは、「地域ぐるみの医師養成」で、地域の方々と、患者の方々と力を合わせて、これは言うは易く、大変な作業であることは、この本でも知ることとなります。でも、地域の中でがんばれば、展望がある、そんな力を与えてくれる1冊です。 (★★★★★)

  • 中村 哲: 医者、用水路を拓く―アフガンの大地から世界の虚構に挑む

    中村 哲: 医者、用水路を拓く―アフガンの大地から世界の虚構に挑む
     医療労働者が何をすべきかを考えさせられる本です。なによりもそこに済んでいる方々が健康であること、それは病院を訪れる人がいないことかもしれません。井戸を掘り、用水路を拓く。病院に来る患者だけを診て、よい医療、よい看護を、という自治体職員は是非読むべき本です。そして、中村医師から学ぶべきだと思います。 (★★★★★)

  • 編集・東北大学地域医療システム学(宮城県)寄附講座: 医師不足と地域医療の崩壊 Vol.2―東北大学地域医療シンポジウム講演録 (2)

    編集・東北大学地域医療システム学(宮城県)寄附講座: 医師不足と地域医療の崩壊 Vol.2―東北大学地域医療シンポジウム講演録 (2)
     これが2冊目の編著となります。東北に限定せず、広く全国の状況を調べ、報告を聞き、まとめられています。  病院をくっつければ医師も沢山になる、ということが、すんなりいかなかった釜石の例なども率直に書かれています(89ページなど)。  また、最近厚生労働省や総務省が口にする、「マグネット・ホスピタル」の提唱も、この中から生まれた、とのこと。  全国の状況を知り、今後の見通しを明るくする本だと思います。 (★★★★★)

  • 本田 宏 編・著 : 医療崩壊はこうすれば防げる! (新書y 197)

    本田 宏 編・著 : 医療崩壊はこうすれば防げる! (新書y 197)
     前岩手県立中央病院長の樋口さんも執筆。樋口前院長は、福島県生まれの自分がどうして岩手の医療に関わったかということで、県立病院の創業の精神 県下にあまねく医療のきんてんを、という言葉に触れたことを紹介しています。  しかし、今、その創業の精神が、各県立病院にではなく、医療局という組織の存続に向いていることに、危機感を感じます。 (★★★★★)

北海道

2016年1月28日 (木)

ふるさと納税で、病院支援

 ネットを見ていたら、ちょっと古いニュースが引っかかってきました。市民病院の新築に寄付をつのり、1億円を突破。現在も、ふるさと納税で施設整備を継続しています。

総務省 ふるさと納税HPから

市立根室病院の施設整備等に関する事業

市立根室病院は、市内唯一の公的医療機関で「地域センター病院」として、根室市民のいきいきとした暮らしを支える大切な役割を果たします。

従来、事業メニューの一つに「市立根室病院の新築・改修」を掲げておりましたが、当該メニューに対する皆様からのたくさんの温かいご支援もあって、新市立根室病院の建設が完了し、本開院となったことから、今後は、院内医療の向上等を目的に、平成26年4月より「市立根室病院の施設整備等に関する事業」にメニューに改めることといたしました。

今後も引き続き、お寄せいただいた寄付については「根室市ふるさと応援基金」として積み立ててまいります。

2010.12.26 毎日新聞

北海道
根室市民病院:新築基金が1億円突破 

 市立根室病院(東浦勝浩院長)の新築に向け、市内外から寄付を募っていた「根室市ふるさと応援寄付金」の病院建設基金に24日、匿名の市民から現金100万円が寄せられ、寄付の累計額が1億円を突破した。市にとっては思いがけないクリスマスプレゼントで、来年度の建設着工に向けて弾みがつきそうだ。

 同市は00年に「病院建設基金」を創設。さらに08年に「ふるさと応援寄付金」の中に病院指定寄付を創設。今年度は、38件1005万6300円が病院建設指定の形で寄せられた。寄付の総計は、これで1億2万3166円となった。

 病院新築の総事業費は55・3億円。同市ではこのうち約4割を国の交付金で確保し、残りを起債でまかなうことにしている。【本間浩昭】

2015年12月 4日 (金)

地域医療問題で、北海道でも集会

 北海道でも地域医療を巡って集会が開催されました。道立病院の集約、廃止等もあることから、公立病院を守る、としています。これは地域性もあり、やむを得ないところかと思います。広大な、そして人口密度が希薄な北海道の医療は、公立病院が担っています。

11月19日付け しんぶん赤旗から

安心して住める地域医療守ろう
札幌で緊急集会

  「地域医療と公立病院を守る北海道連絡会」(事務局・道民医連)は16日、「安心して産み育て、住み続けられる地域医療を守ろう」と訴える緊急集会を札幌市で開き、各地の医療関係者や市民ら80人が参加しました。

 道民医連の太田美季事務局長が、病床を大幅削減しようとする地域医療構想の問題点を報告。現在でも病床閉鎖・縮小が進み、▽全道179市町村のうち出産できる医療機関があるのは30市町村▽脳梗塞や心筋梗塞で倒れても治療できる病院がない▽救急車が遠方まで行かなければ受け入れ先がないIなどの実態を示し、「拙速で機械的な病床廃止を許さず、誰もが安心して住み続けられるまちづくりへ、行政とも力を合わせていくことが必要だ」と述べました。

 日本共産党の野村淳一紋別市議が「遠紋地域の周産期医療を守る会」の活動について、全医労北海道地方協の鈴木仁志書記長が国立病院機構八雲病院の存続を求める運動について報告しました。`

 日本共産党の畠山和也衆院議員、紙智子参院議員が駆け付け、激励あいさつしました。

2015年9月 5日 (土)

北海道では、圏域調整会議がスタート

 各圏域での病床数の調整は、圏域調整会議で行うことと、それもそれぞれで自主的に、とされています。そこで大事なのが、議長ですが、記事からは、どの団体が議長になっているか書かれていません。事務局より、ここが大事なんですが。

9月1日付け 北海道新聞から(孫コピーです)

病床削減で首長が意見
北網圏域調整会議が初会合
北見
 北見や網走など10市町で将来的に必要な病院のベッド(病床)数を議論する「北網圏域地域医療構想調整会議」(事務局・オホーツク総合振興局)の初会合が8月28日夜、北見市内で開かれた。人口減や在宅治療への移行により、同圏域の2025年時点の病床数の削減幅が、最も小さい場合でも13年比26・4%減となるという道の推計に対し、首長など出席者から課題を指摘する声が相次いだ。
 北網圏は道内21の2次医療圏の一つで、北見、美幌、津別、訓子府、置戸、網走、斜里、清里、小清水、大空の各市町が範囲。道の推計では13年の病床数3323床が、25年には2306~2446床に減る。最少の場合、救命救急などの「高度急性期」が275床、緊急性が高い「急性期」が790床、リハビリなどの「回復期」が740床、療養病床にあたる「慢性期」が641床としている。
 会議には10市町の首長や圏域内の医療機関、医師会など約30人が出席。大空町の山下英二町長は、入院治療から在宅治療や介護へ転換を促す国の方針を踏まえ「圏域内の介護の状況も把握する必要があるのでは」と指摘。斜里町の馬場隆町長は「医療従事者や介護スタッフの確保は困難を極めている」と述べ、地域医療や介護を持続可能にする施策の重要性に触れた。
 同会議は来年3月、必要病床数の最終案をまとめる。これを受け道は、来夏までに地域医療構想を策定する。

2015年5月18日 (月)

地方の医師不足、さらに深刻に

 医大・医学部の数では3つですが、広い北海道に医師を送り出すのは厳しさを増しています。人口3300人では、国保病院が唯一に医療施設かもしれません。幌加内町の例は、地域医療構想の前取りとも思えるのは、うがった見方でしょうか。

医師不足:地方病院、足りない 研修制度変更が影響 道内大学医局、派遣余裕なく /北海道
2015.05.13 毎日新聞
 全国的に医師の都市偏在が問題となる中、広大な北海道でも地方病院の医師不足が深刻だ。大学病院の医局が郡部に医師を派遣できなくなったのが背景で、道は北海道大に医師を派遣する「地域医療支援センター」を4月に設置したり、医大生の奨学金制度を継続したりと対策を打つが、根本的な解決には程遠い。
 「医師がなかなか見つからない」。人口約3300人の天塩町で町立国民健康保険病院の野崎浩宜事務長(53)が嘆いた。慢性の医師不足で2012年に4人いた常勤医師は現在1人。週の大半は町外の医師の応援を仰いでおり、「地元で十分な医療を受けられなけれ
ば、人口流出を止められない」と訴える。
 北海道の医師偏在は顕著だ。12年末の厚生労働省の統計によると、医療機関に勤める医師1万2262人のうち約93%が市部に集中、郡部は7%だった。道が1月に公表したアンケート結果によると、回答した道内の497病院で1072人の医師が不足していた。
 郡部では病院維持が困難な例も。旭川市の隣の幌加内町では来年春、国民健康保険病院が病床のない診療所兼老人ホームに移行する。同病院で唯一の常勤医師の森崎龍郎院長(45)は「旭川に近いので積極的な治療より、みとりや介護にニーズが変わってきた」と話す。
 かつては大学病院が過疎地に人材を豊富に派遣してきた。しかし04年に新たな医師臨床研修制度が導入されて状況は一変。新人医師は出身大学の医局で研修を受けるのが慣例だったが、新制度で研修先を自由に選べるようになり、都市部の病院での研修希望者が増えた結果、大学に残る若手医師が減少。地域に人を出す余裕がなくなった。
 対策として北大に設置された地域医療支援センター(定員6人)は、地方の医療機関の要請に応じ、1~4年間、北大病院の医師を派遣する。同様のセンターは01年度に札幌医大(定員20)、09年度は旭川医大(同6)にも設置され、14年度までに延べ171人の医師が地域医療に従事した。しかし、両センターでは定員数の医師を確保できないことも多く、道の担当者は「センターだけでは地域に必要な人数は賄いきれない」と漏らす。
 道は医大生に卒業後5年間の指定医療機関での勤務を約束してもらう代わりに、学費を補助する奨学金制度も08年度から続けている。15年度までに入学した187人が利用したが、地域医療をためらい、途中で返金した学生も2人いた。
 地域医療教育研究所(京極町)の前沢政次代表理事(68)は「制度で縛っても根付かない。地域に貢献したい意思のある人を大学や現場が中心になり、情熱を持って育て上げないといけない」と指摘している。

2011年2月22日 (火)

小樽で豪華市立病院の建設へ、市長選でも争点に

 市内に、しかも隣接して市立病院がある小樽市で、ようやく1つにして新築という方向になったようですが、豪華病院建築という悪習は直らないようです。

 小樽ジャーナルweb版から

基本設計後の新病院工事費139億9,200万円 (2011/02/18)

 小樽市病院局(並木昭義局長)は、新病院建設で、昨年7月から進めてきた基本設計後の概算工事費が139億9,200万円になったと18日(金)に発表した。

 市の新病院建設計画は、「2つの市立病院を質の高いより効率的な新病院として統合することにより、地域医療を守り、財政負担の軽減を図るため」に着手した。

 山田勝麿市長は、当初、築港地区で基本設計を発注したが、起債許可の見通しが立たなかったことから中断。2,581万円の委託・解約料を業者の久米設計札幌支社に支払った。この後、建設場所を築港地区から量徳小跡地へと方針転換し、基本設計を再び3,780万円で同社と随意契約した。

 基本設計発注時の基本計画は、23科・388床・総額148億7,300万円(建設工事96億300万円・1平米33万円・総床面積29,100平米) で、小樽市医師会は、「安価でコンパクト」にすべきと反対したが、市はそのまま設計を進めてきた。関連記事1 関連記事2

 市病院局は、2月の基本設計業務完了前に、あらやましを作成し、改めて設計概要・基本的な考え方、配置・断面・平面図、工事費などをまとめた。これによると、建設工事費は、1平米当たり29万9,700円で89億4,6000万円と算定。付帯工事33億9,000万円と建設に伴う費用47億700万円を合わせた総額は139億9,200万円と示した。

 当初の1平米当たりの工事費は33万円で、基本設計後の単価は3万300円下がる格好となったが、それでも一床当たり3,606万円と高額。済生会小樽病院が進めている新病院(250床・55億円)は一床当たり2,200万円で、これと比べると1,406万円も高い計算となる。

 この民間との価格差について、市病院局経営管理部の鎌田隆俊副参事は、「細かい内容が示されていないので、公立と民間を比較することは出来ないが、建築費は病院の負担を下げるようにとオーダーした。量徳小跡地は高さの制限があり、必要なものを地下につくらなければいけないが、地盤の深いところに固い部分があり杭に金がかかるので、3万円割り増しになっている」としている。

 市は、この建設費を病院事業債や過疎債の借金で賄うことにしているが、これには、2010(平成22)年度で11億6,303万8,000円の不良債務を解消し、 2013(平成25)年度までに31億9,044万円の資金不足額を解消することが条件となっている。

 総務省の公立病院改革ガイドラインでは、「一般会計からの根拠のない繰入は20年度からは認められない」としているが、市では、2010(平成22)年度中の不良債務解消のため、一般会計から3億円の繰入を行うことにしている。

 小山秀昭次長は、「起債を借りるために不良債務を補正で解消する。職員に対する住居手当は配意し、医療職員給与表の導入もまだ組合と妥結していないが来年 4月までには妥結するので、条件整理は出来ている。あとは北海道と淡々と話しをしていく」と話していた。

 この「基本設計のあらまし」は、2月23日(水)の小樽市議会市立病院調査特別委員会で報告される。

 任期残すところわずか2ヶ月と迫っている山田勝麿市長は、なりふり構わず新病院建設に邁進しているが、2009(平成21)年度の病院事業決算では、資金不足比率が13.3%となっており、総務省の病院新築・起債許可の判断基準とされているが資金不足比率が10%以下に達しておらず、これをクリアしない限りは、山田市長が進める病院事業の前途はまだまだ不透明だ。

 これは、築港地区での新病院建設でも失敗したことであり、任期直前に強引に実施設計を発注しようとしているが、前回と同じ道を辿る可能性も高く、まだまだ前途に大きな課題が山積している。

 この巨額の新病院建設については、山田後継の中松義治市長選候補予定者(64)はこのままの計画を踏襲しようとしているが、16日(水)に市長選出馬を表明した元衆議院銀の佐藤静雄氏(69)は、この実施設計を中止し市立病院を民間に譲渡することを明言しており、新病院の行方が今回の市長選での大きな争点となってきた。佐藤氏は、小樽を疲弊させてきた大きな原因のひとつに、毎年20億円にも及ぶ一般会計からの多額の繰出金を上げている。豪華な病院を建設して、右肩下がりになっている病院の収益悪化を新病院で食い止めることも難しいとする病院関係者も多く、今後も繰出しが続くようになると、さらに小樽の財政を圧迫することになる。

 この意味で、4月に行われる市長選では、豪華病院建設(中松義治氏)か、民間譲渡(佐藤静雄氏)か、見直し(森井秀明氏)かが問われることになる。

2010年9月13日 (月)

自治体病院の連携には協定が

 連携は、言葉で書くと簡単ですが、違った自治体の自治体病院で具体的に進めるとこんな感じなんでしょうか。

 北海道新聞web版から

砂川市立、奈井江町立病院 認知症支援でも連携(09/03 14:07)

【砂川、奈井江】

 砂川市立病院(小熊豊院長)と奈井江町立国保病院(小西裕彦院長)は2日、認知症支援などを新たに盛り込んだ医療連携協定を結んだ。砂川市立病院の新本館が10月に開院するのに合わせ、2005年に結んだ協定の一部を見直し、強化した。

 新協定は《1》医師が不足した場合の相互派遣《2》MRIなど高度医療機器の共同利用《3》電子カルテや画像転送など情報システムの構築-など8項目。このうち認知症支援では、砂川市立病院が早期発見に努め、奈井江町立国保病院が療養と介護支援を担う。

 調印式で砂川市立病院の小熊院長は「砂川には、認知症治療に有効な早期診断を担える環境がある。奈井江町の力を借りることで、介護施設への橋渡しなどを担う拠点として機能したい」と話した。奈井江町の北良治町長も「互いの特長を生かして連携することで、地域全体で医療を支えたい」と述べた。

 全国自治体病院協議会によると自治体病院同士の医療協定は道内で唯一。全国でも4、5件しか例がない。(荒井友香)

2010年9月12日 (日)

札幌の勤務医協議会が実態調査

  医師の厳しい実態が、特に勤務医の実態が個人の口から語られることは多くなりましたが、全体の実態というとなかなか知られていないところです。札幌の勤務医協議会がアンケート結果で、4人に1人が過労死の利浮くがある、と生々しく告発しています。

 9月6日付けしんぶん赤旗から

[社会・総合]
長時間労働過酷な実態  勤務医4人の人過労死リスク
札幌市勤務医協議会アンケート調査

 札幌市の勤務医の4人に1人以上が、長時間労働で過労死のリスクを抱えている-。同市の勤務医でつくる札幌市勤務医協議会(工藤靖夫会長、280人)が5日までに、市内の大学病院、国公立病院、民間病院などの勤務医を対象にしたアンケート調査の結果を発表し、勤務医の過酷な労働実態を明らかにしました。

 過労死の認定基準として労働時間については、発症前1カ月におおむね100時間を超える時間外労働がある場合などに危険性が強まるとされています。

 同会の調査によると、過労死の危険水準に相当する週25時間以上の時間外労働をしている医師(週平均労働時間64蒔間以上)は、回答した822人の28%(230人)いました。内訳は64時間以上~80時間未満152人、80時間以上~100間未満55人、10O時間以上23人(表)。

 同調査は4千人を超える勤務医に用紙を送付し850人が回答。女性勤務医、病院種別、診療科別など四つに分けて分析しました。

 疲労度では「卒後臨床経験の浅い、年齢の若い医師に強い傾向」で、「とくに大学病院のような病床数の多い病院の医師が有意に高い」としています。

 なんとか是正を

 工藤靖夫会長(札幌南1条病院院長)の話

 これまでの勤務医に関する調査と比べても回答数が多く、診療科に偏りがなく、病院の種別も幅広い、しっかりしたデータになりました。勤務医がかなりの過重労働で疲弊している実態がはっきり出て、予想を超える事態でした。これをなんとか是正させていかなければなりません。まずは行政にも一般の方にもこの状況を知ってもろうことが大事だと考えています。

2010年7月23日 (金)

夕張の昨年の記事の1つ 自殺と救急対応

 すでに紹介したとおり、どこの報道機関からも取材されずに、救急搬送受け入れ拒否報道が流れていると別のブログで紹介されていました。昨年も同じようなことがあり、この記事を当然視し、村上医師を批判しています。

 松浦淳のブログから

● 朝日新聞 2009年10月4日北海道版
夕張の中3自殺で市立診療所
心肺停止 受け入れず
 夕張市の中学3年の男子生徒(14)の自殺で救急隊が市立診療所に受け入れを求めた際、心肺停止状態で早急な措置が必要だったにもかかわらず、市外の病院に行くよう指示されていたことが分かった。最終的に生徒は市内の別の医院に運ばれ、死亡が確認された。市内に救急病院はないが、同診療所は唯一入院できる中核的医療機関。事態を重くみた市は、運営主体の医療法人財団「夕張希望の杜」(理事長・村上智彦医師)と救急体制改善に向けて協議を始めた。(本田雅和)

「情報伝達で不備」
 関係者によると、9月27日午後11時11分、生徒が自宅で首をつっているのを見つけた家族が119番通報した。5分後に到着した救急隊は、生徒の心肺が停止していたため、蘇生術を施しながら最も近い医院に連絡。不在だったことから同11時32分、次に近い市立診療所に電話で受け入れを求めた。
 同診療所によると、最初に電話を受けた事務当直員や、医師に電話を取り次いだ看護師が救急隊員の使った「縊頸(いっけい)(首つり)」という言葉を理解できず、「いけい? 胃けいれん?」などと推測し、当番医の村上医師に連絡。同医師は心肺停止と報告を受けながらもインフルエンザ脳症のような病気か事故だろう」と考え、同40分に「小児の重篤状態は対応できない。早急に小児科のある(重篤・重症専門の)3次救急病院に行くように」と看護師を通して救急隊に電話で回答した。
 市などによると、隊員はこの電話で「心肺停止状態なので受け入れてほしい」と再び要請。看護師も村上医師に伝えたが、回答は変わらなかったという。救急隊は市内の2医院に連絡し、同45分、1医院が受け入れを承諾。同55分に運ばれたが、28日午前0時24分に死亡を確認した。
 同診療所の診療科目には小児科もあり、村上医師は講演などで「心肺停止患者は直近の医療機関で早急に対応すべきだ」と説いている。市内の医療従事者は「診療所でも蘇生術や気管挿管などの措置はできたはず」と批判する。
 村上医師は「非常に残念だが救急隊と診療所の間に情報伝達の不備があり、正確に医師に情報が伝わらなかったのは事実。今後はこのようなことがないよう、救急隊との間で取り決めをし、職員にも周知していきたい」と話す。
 これを機に同市では、救急医療体制の整備に向けて医師会や道とも再協議していくことにしている。

2010年7月20日 (火)

あの夕張で、問題が起きているようです

 夕張医療センターでの救急患者受け入れをめぐり、問題が起きているようです。6月のことのようですが、最近別のブログから知りました。なんと村上医師1人体制になっていたんですね。どうも市当局との折り合いも、引き続きよくないようです。

 阿修羅♪から

 6月2日、北海道・夕張の病院で起きたある出来事が全国に報道された。

 5月に、夕張市内の男性が首つり自殺を図って心肺停止状態となった。その男性を北海道夕張市立診療所(夕張医療センター)に救急搬送しようとしたところ、理事長の村上智彦医師が受け入れを拒否し、男性患者が死亡した、というのだ。

 報道によれば、同センターは2009年秋にも心肺停止状態の自殺者の受け入れを断ったことがあり、夕張市の藤倉肇市長が今回の事態に対して「誠に遺憾」と発言したという。

 報道は、センターが救急搬送を断ったことを糾弾する論調である。

 しかし、そうした報道から見えてこないことは、あまりにも多い。

 村上智彦医師は財政破綻した夕張に単身で飛び込み、地域医療の維持と再生のために、まさに孤軍奮闘している人物である。

 そんな村上医師がなぜ救急患者の搬送受け入れを断ったのか。そもそもセンターは本当に救急搬送を受け入れるべきだったのだろうか。

 以下は、村上医師からJBpressに寄せられた反論の手記である。

なぜ私は救急患者の受け入れを拒否したのか
北海道・夕張の村上医師が救急対応の報道に反論
2010.06.07(Mon) 村上 智彦

2007年、夕張市の財政破綻に伴い、夕張市総合病院が経営破綻しました。

 夕張市総合病院の応援医として働いていた私は医療法人財団「夕張希望の杜」を立ち上げて、病院の経営再建と地域医療の継続を図ることにしました。

 破綻した夕張市立総合病院の建物を借りて、2007年4月に公設民営方式の指定管理者として夕張医療センターの運営を開始したのです。

 指定管理の条件は、夕張市からの資金援助を一切受けないこと、そして19床の有床診療所と40床の老人保健施設を運営することでした。

 夕張医療センターの本来の仕事は、在宅支援診療所として、120軒の在宅患者さんや40床の老人保健施設、かかりつけの患者さん、委託されている110床の特別養護老人ホームとグループホームを、24時間体制で電話対応も含めてケアすることです。

 救急医療や在宅医療等は、センターの本来の仕事には全く入っていないのです。

■この3年間、ボランティアで救急を受け入れてきた

 「地域医療」というと、いかに救急患者の受け入れ体制を確保するかがよく問題になります。しかし、24時間365日の体制で救急を支えるためには、最低でも7人の医師が必要です。また、看護師や技師、医療機器の維持管理を考えますと、対応する範囲にもよりますが、最低でも3億円以上はかかります。そして、患者を受け入れる病院は「救急指定病院」である必要があります。

 ところが、夕張市の救急の予算は年間120万円しかありません。その予算でさえ医師会の事務職員の人件費として消えていますので、実質「ゼロ」です(ただし、予算がないという割には、市は財政再生計画で市営住宅の建て替えに数十億の予算を計上しています。決して救急の予算がなかったわけではなく、優先順位が低かっただけの話です)。

 また、夕張医療センターは「救急指定病院」ではありません。おまけに救急医療は不採算部門です。

-----------------------------------------------------------------------

 そのため、私たちはこの3年間、ボランティアで救急を受け入れてきました。
 本当は医師も労働者ですから労働基準法がありますし、そもそも徹夜明けの医師が普通に働いていることは、徹夜明けのパイロットに操縦しろと言っているのに等しい行為です。

 特に今年の4月から、夕張医療センターの常勤医は私1人しかいません(公設民営方式の診療所は通常の民間の開業医と同じですから、医師1~2名の運営が普通だと思います)。在宅医療と外来の一部、そして週末の当直を時々非常勤の先生にお願いしてあります。

 1人体制になってしまったことから、3月の段階で市長や副市長や担当者に、「救急を今後従来通り受け入れることは難しい」ことを説明しました。同時に、「夕張医療センターを救急指定病院にしたい場合はキチンと予算を取り、労働基準法に反しない条件を契約書にも明記すべきです」という提案もしてあります。

 4月には市内で救急に関する会議があり、その席でも救急隊や医師会、行政担当者に対して、その旨を伝えてありました。

 しかし、私たちが言うことはほとんど受け入れられることなく、指定管理者の条件にはない救急医療を強要され、ボランティアでやってきた部分は評価されず、それをやらないなら出ていけ、という話になっています。

心肺停止状態の患者を小さな診療所で受け入れられるか

 今回、救急搬送の受け入れ要請があった患者さんは心肺停止状態(CPA)でした。

 患者さんがCPAとなった場合、一刻も早く病院に搬送するというのは正解ですが、設備もスタッフも少ない診療所で対応するのは無理な話です。

 救急のマニュアルでも、CPAの原因となる心筋梗塞や脳卒中の場合は専門の施設にできるだけ早く運ぶことが大切だとされています。地元の診療所に寄ることは、場合によっては時間のロスになるのです。

 昨年の9月に、やはり夕張で中学生の首つり自殺があり、心肺停止の状態で夕張医療センターに救急搬送の受け入れ要請がありました。

 この時には朝日新聞(北海道の支局)の記者の「とにかく謝るべきだ」という強い要望に従って、受け入れなかったことを謝罪しましたが、本当は若い方ならばなおさらヘリを呼んでもいいから、道内に9カ所ある救命救急センターに搬送すべきというのが私の意見でした。

-----------------------------------------------------------------------

 結局、朝日新聞の記者は「自作自演」のような記事を書き、医療機関を非難してセンセーショナルに記事を書くことを自慢して歩いています。

■マスコミと行政が医療崩壊を助長している

 常勤医が1人だけになった4月から今までの2カ月間、私は週末も含めて夕張から出ることもなく、ほぼ毎日当直をしています。労働基準法に違反しながらも、可能であれば救急車も受け入れていました。

 しかし、そのようなことは今回の報道ではまったく問題にされず、逆に「何度か受け入れていたんだから、今回も受け入れられる」という論法になっています。

 特に、今回の北海道新聞の報道で一番問題なのは、私本人には一切の取材はなく、一方的に行政の話を基に報道していることです。他の新聞社も同様です。十分な取材をすることなく、検証なしで報道しています。

 「その結果、夕張市の医療がどうなっても責任は取らない」というのでしたら、あまりにも無責任な話です。我々はあくまでも民間企業ですから、風評被害による損害があった場合、報道したマスコミに対して法的手段を取ることも検討しなければなりません。

 行政の対応にも大いに問題があります。

 今回のような自殺は病気ではありません。うつ病対策等の行政の取り組みが大切なのであって、救急医療を充実させても自殺は減りません。

 私は昨年秋から自殺予防に関する取り組みをするよう市に要望していましたが、一切行われていません(今回の報道では、言い訳するかのように夕張市が自殺対策を始めたと書いてありました)。

-----------------------------------------------------------------------

 要するに今回の報道は、北海道新聞の記者が「抜く」ことだけを考えて報道し、また、夕張市が自分たちの怠慢の責任を医療に押し付けただけの話です。
 このような「医療を非難しておけばよい」といったマスコミの安易な姿勢と、行政の怠慢が全国に広がる医療崩壊を助長しているのです。

破綻前と何も変わらない夕張市の上層部

 夕張市には夕張医療センターを含めて医療機関が5カ所あります。隣町の栗山赤十字病院まで車で30分、岩見沢市立総合病院まで40~50分、札幌市まで1時間と、決して陸の孤島ではありません。

 私は数年前から「市内の医療機関や近隣の後方病院などと連携を取れるように、市の方で調整してほしい」といったことを市に提案してきました。

 しかし、市の対応は全く進んでいません。「現状維持」「先送り」といった破綻前の習慣を続けているのです。市役所の上層部は、相変わらず破綻前と同じです。

 その一方で、保健福祉部門をはじめ、若手の職員の中にはとても真剣に市の医療再生に取り組む人たちもいます。また、一部の住民は真面目に健康づくりに取り組み、在宅で家族を支えています。

 そんな人たちは今回の報道後も「頑張ってください」「私たちは分かっていますよ」と声をかけて下さり、たくさんの励ましのメールをいただきました。

 こういう人たちに支えられて、また、その人たちを支えたいという思いで、何とか夕張に踏みとどまっていられるのです。

 夕張での高齢化社会への取り組みは、他の地域にとっても良いモデルになると思います。

 「優等生」である長野のようなモデルは、多くの地域で真似できないかもしれません。しかし、「劣等性」の夕張で実現できたモデルは、必ず他の地域でも実現可能だと思います。

 その意味では、夕張市の一番良かったことは、破綻したことなのかもしれません。

2010年2月21日 (日)

後期研修プログラム「ニポポ」を知っていますか

 岩手でも地域病院の担い手になる総合医の育成へ、行政が音頭をとって動き始めています。いくつか、先進地の例も(千葉など)だされていますが、北海道を見ないで議論するのは、いかがかと思います。

 なによりの特徴は、3つの医科大学に地域医療に関する講座があり、そこが窓口となって3つの大学が連携。核となって進めている点ではないかと思います。

 とりあえず、後期研修プログラム「ニポポ」のHPから、設立趣旨を紹介します。

 北海道プライマリ・ケアネットワーク設立趣旨

札幌医科大学地域医療総合医学講座 教授 山本和利

 昨年より、二年間の初期スーパーローテーション研修が導入されました。しかし、二年間という限られた期間では、プライマリ・ケアを担う医師養成という点で必ずしも充分とは言えません。将来、この北海道で地域医療を担うジェネラリストを養成していくには、初期研修に引き続くプライマリ・ケア後期研修プログラムの立案が急務と考えます。
 そこで、道内三医育大学の総合診療を担う部局とプライマリ・ケア医の養成に関心ある臨床研修病院等が共同で、「プライマリ・ケア医養成のための後期研修プログラムの立案と実践に当たること」を目的に、「北海道プライマリ・ケアネットワーク」なる会を立ち上げることと致しました。
 この趣旨に賛同される多くの医療機関の皆様がこのネットワークに参加して頂けるようご協力をお願い致します。そしてまた多くの研修医の皆様がこのプログラムに応募頂けることを期待致します。

より以前の記事一覧